白蟻駆除の薬剤についてのQ&A

白蟻駆除に用いる薬剤の使用は、個人で行う場合どうしても不明な点が出やすくなります。ここでは、そんなよくある疑問について紹介していきます。

白蟻駆除の薬剤はどのくらい効果が持続しますか?
家の環境などによって変わりますが、最長で5年ほどです。ピレスロイドやネオニコチノイド、そしてトリアゾールなどの薬剤は白蟻駆除には効果がありますが、全体的に持続時間が短いのです。そのため、白蟻駆除と予防を行うのであれば5年前後を目安に業者に依頼し、薬剤の散布をしてもらいましょう。
天然成分の薬剤を使用したほうが安全ですか?
結論からいえば、違います。天然由来成分の中には化学合成よりも強力な毒が含まれていることが多く、成分によっては化学薬品の薬剤のほうが安全ということは多いです。しかし、天然由来成分のほうが薬を作る時に加工などをする必要がないのでエコな薬剤です。なお、効き目に関してはどちらも同様に効果があるので、家庭の環境に適したものを使用しましょう。
市販の薬剤で白蟻駆除はできますか?
できますが、過信は禁物です。というのも、シロアリは様々なところにひそんでいるので、薬剤が届かないこともありますし、生き残った白蟻が繁殖して増えることで、再発する可能性は極めて高いからです。根絶を目指すのであれば業者に依頼して駆除をしたほうが結果的に家の被害を最小限に抑えることができます。

白蟻駆除の薬剤選びは慎重に

白蟻には複数の種類がいます。そして、種類によっては薬剤の効き目が違うことがあります。そのため、遅効性の薬剤でもすぐに死んでしまうこともあります。そうなってしまうと白蟻は別の場所に移動し、被害箇所が拡大してしまうかの雨声があります。そのため、白蟻の種類の把握や薬剤選びは慎重に行いましょう。

TOPボタン